お客様は お客様という職種の「プロ」だという事

こんばんは。

hair&make yucaci ユカシ 木村です。

今日で15日目の連勤です

非常に元気ではあります。

 

毎日お客様と目を合わせ、悩みをお聞きし、自分の意見をご提案し、喜んで頂く。

日常のちょっとした事をお聞きし、一喜一憂する毎日が楽しくて楽しくて。

 

本日過ちをおかしてしまいました。

 

 

この世の中に

 

「お客様」という職業があるのならば

 

いつも楽しく嬉しく接してくださるお客様は

 

「お客様という職業のプロ」

だという事。

 

決して神様ではなく、対等な立場ではありますが、

プロに対して、プロの応対ができなかった。

 

反省。

 

 

自分は田舎から出てきて、あまり美容という職業に高校生まで絡まずにきてしまい、

東京にきてからこの職業に本腰を入れ始めたのです。

そして、自分も美容室に通い、いろいろな事を感じ、自分から

「お客様のプロ」を感じる事が少ないまま、美容学校に入り、現場に携わり、

現在24年目。

 

自分は純粋な美容室のお客様のプロ、にはもうなれないので、

自分が「お客様」になれる体験をせねば。

 

お客様目線。

お客様にならずしてわからんですね、自分。

 

身が引き締まる夜でございます。

 

誰に発信と言わず、自分自身に。

 

 

2016-12-28 | Posted in BLOG, スタッフブログComments Closed 

関連記事