1回の事象で決めつけない事が大事(戒めブログ)

本日の予約状況

みなさまおはようございます(^.^)

hair&make yucaci オーナー木村です

 

 

 

朝のテレビでニトリの社長さんが

 

 

「交渉は3回断られて当たり前、4回目からが始まりだ」

とおっしゃってまして、

 

 

 

初めて会った人に気持ちをちゃんと伝える事ができるのは

 

そんなに簡単な事ではないのかなと思いましたし、

 

熱意があったら1回断られたくらいであきらめてはいけないし、

 

違う伝え方を模索したり、努力することも必要なのかなと思いました。

 

 

木村の中でお客様に伝えるときに

 

何度も諦めずに伝える事があります。

 

それは

 

「自宅でのスタイリング・ヘアケアの事」

です。

 

 

お客様ってやっぱり、

 

「自宅で簡単にキマル髪型」

 

をみ~んな望んでると思うんですよね、

 

でも、どうしても、必ずやってほしい事がお客様の髪質、髪型によっては

 

発生してしまうんですよ

 

例えば

 

基本的な事でいうと

 

「ドライヤーで乾かす」

→ボリュームが出なくて困ってらっしゃるけど乾かすのは自然乾燥になっちゃうとか

 

 

 

 

「朝、必ず髪の毛を濡らす」

→寝ぐせがひどくて水スプレーで濡らしてもクセが取れない

 

 

 

 

「スタイリング剤をつける」

→そもそもスタイリング剤をつけなくない(ベトベトが好きじゃない」

 

 

 

 

「シャンプーをした後の流しをしっかりする」

→疲れてて結構めんどくさくて適当に流してしまう

 

 

 

 

「コテを巻く」

→そもそもコテを巻いた事がないので、できないと思い込んで難しいと思っている

 

 

 

 

世の中のすべての方が、乾かして、何もしないで好みの髪型になれればうれしいし、

みんなが毎日幸せなのですが、

 

「どうしてもそれが必要な事」

 

ってそのお客様一人一人にあると思うんですよ

 

「それをしたほうが必ず良くなる」

「それをしたほうが必ずキレイになる」

 

って事美容師さんならそうそう!それをして頂ければ!

 

ってあるあるだと思うんですが、

 

お客様は日々の生活でそこまでしてくださらない事もありますね

 

でも、

諦めずに、

それをすると

 

「とても綺麗になりますよ!」

「望みの髪型になりますよ!」

 

という事は

 

あまり強引に毎回伝える事はせず、

 

諦めずに伝えるようにしています。

 

諦めるとか諦めないとかじゃないですね(^.^)

 

 

良い事だから、もっと知って頂くために伝える

 

て事ですね

 

 

全てのお客様にできている事ではありませんが、その結果として

 

 

「市販のシャンプーの値段が普通だと思っているお客様が5倍の値段の無添加シャンプーを使ってよい結果だった」

「半年で5回、コテ巻きの事を伝え、コテ巻き無料講座を開き、ついにコテ巻きできるようになった」

「どうしてもスタイリング剤をつけたくないお客様がスタイリング後の髪型を気に入って下さり、お出かけ前のレパートリーが増えた」

「朝五分早起きして髪の毛をシャワーで濡らしてから乾かしたらボリュームアップしてウキウキして出社された」

 

 

もちろん他のいろいろな髪の毛に対してのやり方があるので、これはほんの一例ですし、

もっと簡単に時間を短縮したい、とか本当になにもしたくない、というお客様への説明もありますし、

 

多種多様なご提案をあきらめずに何度もしようと思います。

 

 

今日もいい天気です、次のお客様のご来店前の時間を使って、ちょっとつぶやいてみました✂

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました