「ダメージ予防」をしながらブリーチカラー

ヘアスタイル

発色のよいヘアカラー、してみたい

との事で、近く(とは言っても駅がちがいますが)のドックサロン Mr(ミスター)の

オーナーさんがブリーチカラーをしにいらして下さいました。🐶

まずはヘアカット致します。


外周りはバリカン「3ミリ」で刈り上げます。

自粛で我慢してくださってました。

う~ん、さっぱりですね(^.^)

男性の刈り上げは1ヶ月もすると原型をとどめていないので

ここまでカットするだけでキレイですね。

ここから「ブリーチでハイライト」していきます。

ブリーチ(脱色)ハイライト(線で色を変える)

ここで一番大事なのが「ダメージ予防」

簡単にいうと、

髪の毛のダメージは引き算

健康な髪の毛⇨健康度10点満点

ヘアカラー1回⇨マイナス2点(イメージ)

ぱーま1回⇨マイナス2点(イメージ)

のように、減点方式でどんどん健康度が減っていきます。

それをカラーを塗る前に

プラス加点しておく事で、マイナスになりにくい状態にしていきます。

ダメージ予防処理で15分はお時間を頂きます。

3、4種類の剤を反応させていきます。

こちらもカット後でしたね(^_^;)

いきなりブリーチハイライトした直後の写真です。

オーナーさんは健康毛ですので、そこまでダメージしていませんが、

ブリーチ剤はなめてはいけません、、、、じわりじわりと髪の毛がパサパサ

してきますので、しっかりダメージ予防処理しておきます。

ここでもお客様にはわからない

ブリーチを追い塗りしてみたり、流した後の「酸処理」

これから紹介する、発色のよいカラーが乗りやすくするひと手間をします。

今回使用する色味はこちら


ピンクとくすみ系

緑とくすみ系

緑単品

こちらをブリーチハイライトした部分にのみ塗っていきます。

お時間を置いて、ドライヤーで冷まして(色持ちが良くなります。)

シャンプーして、最後の「ダメージ予防処理」をして

御仕上がり

発色は約3週間持続しますが、そのあとは金髪に戻ります

なので、また違う色味を楽しめますが、

ちょっと色が早く落ちやすいですね

市販のシャンプー剤は結構色が落ちます。

しょうがないのですが、洗浄力が高いので、

そのぶん色も一緒に落ちます(^_^;)

①熱いお湯で流さない
②市販のシャンプーは落ちる
③洗ったらすぐ乾かす

ちょっと色落ち防止になります。

ドッグサロンのインスタグラムはこちら

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

このオーナーさん、めちゃワンちゃんのカット上手いです。

しかもごじしんもアレルギー体質なので、美容室で肌の弱いお客様に

最適な「アジュバン」のシャンプーでワンちゃん洗ってらっしゃいますので

愛犬さんのお肌を常に考えてらっしゃいます🐶

紫外線で器具を消毒する機械を稼働しております。

ご相談、気軽にしてくださいね(^.^)

LINEとインスタグラムでもいいですし、☎でもいいですし(^.^)

タイトルとURLをコピーしました